OCEAN’S LOVE とは

 

 

ミッション

サーフィンというスポーツ、海での体験を通じて障がいのある子どもたちの

”笑顔”と”未来”をつくる

障がいを持つ子どもたちにサーフィンを通して『海の素晴らしさ・海の愛・海からのエネルギー』を感じ楽しんでもらい、そのご家族にも、サーフィンをしている子どもたちの姿を見て『子どもたちの無限の可能性を見い出して頂きたい』と考えています。

海というフィールドが人の心をオープンにし、笑顔がたえない時間を作り出してくれる・・・ そんな素敵な時間や場所を全国各地に広げていく活動を目指しています。

 
Oceans Love Hawaii Beach time.jpg
 
 

 

兄への想い

障がいを持つ兄と日本で生活をしていく中で感じたのが、様々な面での障がい者に対しての壁。遠足、運動会、色々な事にチャレンジしたいと思う本人の意思に反して、多くのことに参加ができなかったり、毎日一生懸命生きている兄の気持ちに対して、社会のサポートや理解力がまだまだ足りないなと悔しい思いをしたりしたのがきっかけです。その時から、大人になったら障がい者の方々が住みやすい社会作りのお手伝いができればと思っていました。

 
Vernon Family.jpg
 
 

Ocean’s Loveをスタートしたきっかけ

そんな時、ハワイで自閉症の子ども達のサーフィンスクールに出会い、ボランテイアとして参加をしました。海に来て波に乗るまでは、私の目を見ることさえできずにずっと下を向いていた子どもたちが沖に出て波に乗り岸に帰ってくると・・・満面の笑顔!

『もう1回、もう1回!』と沖を指差す子ども達の生き生きとしている姿を見て、自分も常に感じている海のエネルギーを子供達も感じるのだ!と気がつき、『私が1人の人間として、プロサーファーとしてするべきことはこれだ!』と自分の命の使い方に気がついたのです。アメリカに比べ、日本の方が障がいを持っている人に対しては、まだまだ閉そく感があるからこそ、この活動を日本でする意味があると感じたのです。

私も1人のサーファーとして毎日海に入っていて、海に癒され、海から沢山の愛をもらい、海から自然の大切さや感謝の気持ちなど多くの事を学んでいるので『これを少しでも多くの人達とシェアする事ができたら、なんて素晴らしいんだろう!』と思い、Ocean’s Loveサーフィンスクールを開催しています。

unnamed-5.jpg
 
 

Ocean’s Love Japan

このOcean‘s Loveサーフィンスクールは私の活動の中で特別な存在です。なかなか海に来ることのできない子どもたちや、サーフィンというスポーツさえ知らない子どもたちがこの活動を通じて海のエネルギーを感じ、新しいスポーツに挑戦する機会を得られるのです。日本では初の試みで、2005年にスタートをした当時は壁がいっぱいありましたが、今では多くの方々のご支援により、毎年少しづつですが成長出来ています。

今では、毎年多くの子どもたちのキラキラと輝く笑顔から私が元気をもらい、子どもたちから沢山の事を学ばさせてもらっています。

Beautiful Souls

私の熱い思いに賛同をして私の想いを形にしてくれたのが鈴木薫さん&阿比留花江さん。2005年のスタートの時から一緒に活動をし続けてくれている2人。アスリートとしてサーフィンを通じて社会貢献をする事が当たり前と同じ志を持っている2人に出逢えた事に本当感謝をしています。常に子供達の笑顔の為に、可能性溢れる将来の為にと熱い想いと優しい心で一緒に活動をしている素晴らしいパートナー。

 
 
unnamed-9.jpg
 
 
 

 

すみれ園との出会い

2005年にOcean’s Loveをスタートする前にまず困った事が参加者を探す事。当時障がい児へのサーフィンスクールというものが無かったからこそ、多くの方々がサーフィン=危険なスポーツというイメージの元参加を断られました。そんな中、初の試みである障がい児へのサーフィンスクールにチャレンジをしてくれたのは横浜市にある障がい児童養護施設、すみれ園。園長先生の子供達の可能性を広げる為には色々な事を体験させてあげる事が大切という考えがあったからこそ勇気を持って参加を決意して下さり、そのお陰でOcean's Loveはスタートをする事が出来、次から次へと参加者が増えていったのです。10年以上すみれ園の子供達との開催を続けていく中で子供達の新たなチャレンジに気がつきました。それは自分の兄も経験をした、社会に出る、仕事に就くという事。私の兄が幾つもの面接を受けては落とされて、それでもトライをする姿、初開催の時は小学生だった子供達が大きくなる姿を見て私の心とOcean's Loveが動き、新たなチャレンジをスタートしました。

 
Oceans Love in Kailua.jpg
 
 

 

2018年には、年間を通してサーフィンスクールが12開催。今までの開催場所は、茅ヶ崎、北海道、宮崎、名古屋、和歌山、京丹後、伊豆と日本各地で開催を広げ、1回の開催で150人ものボランティアさんが集まってくださる規模になってきました。その他にも毎年増える参加者の方々の思いを出来るだけ形に出来るようにとプライベートレッスンが回。サーフィン体験会が2回。そして今まで続ける中でOcean's Loveが経験した新たなチャレンジである就職という部分もサポートを出来るように就労体験プログラムというのを2018年度からスタートをして回開催を行いました。常に子供達の笑顔と可能性溢れる将来をクリエイト出来るように努力しています。

 
 
Ocean's Love Group.jpg
 

日本では2005年からスタートし15年目を迎える時に、新たなチャレンジをしたいと思い2019年からOcean's Love Hawaiiをスタートしました。

日本でOcean's Loveに参加をして下さった保護者の方から”ハワイの美しい海でも子供にサーフィンをさせてあげたい” ”ハワイにOcean's Loveがあったら、ハワイに行く事を目標に子供も私も頑張れるので是非スタートしてください。” という嬉しいお言葉を頂き、是非それを形にしたいと思い続けてやっと形になりました。

夢はOcean's Love Hawaii Homeを持ち、ハワイの障がい児を持つご家族と日本から来られる障がい児を持つご家族のかけ橋になる事です。コミュニケーションを持てる場を作り、お互いの経験や知識をシェアし合うことでご家族の孤独感が無くなり、サポート&理解に溢れるコミュニティーが築けたらと思います。

その先には、ハワイにも日本にもhost familyがいて子供たちが国境を越えて文化や国の違いを体験できる環境があればなんて素敵なんだろう。。きっと子供達がこの経験から大きく成長し、その体験が自信へと繋がり未来への可能性が更に広がると信じています。

サーフィン発祥の地ハワイ。

ハワイの美しい海、空、気持ちの良い風にパーフェクトな波。そんな中サーフィンをして海の上にプカプカ浮かんでみると、今まで抱えていたストレスが波と一緒に流れていき、リフレッシュ&リラックスできる事間違いなし!

ハワイの海のヒーリングパワー&元気を体感して一生に残る素晴らしい

思い出を家族で作ってください!